平成28年度 通訳・翻訳ボランティア スキルアップ講座~おもてなし編~を開催しました!


 

おおいた国際交流プラザには、全14言語(現在115名)の通訳・翻訳ボランティアが登録しており、その登録者の実践的なスキルアップを目的に開催した。

今回、2019年にラグビーワールドカップ、2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されることから、増加する海外からの観光客に対応するためにも、大分県の通訳・翻訳・ガイドの第一人者である、佐藤都茂子氏を迎え、現場でのノウハウを学ぶとともに、様々な場面での演習も取り入れ、基本に立ち返りつつ、実践に役立つ講座とした。

同じ言語の人とペアを組み、講師の出した課題に、必死に取り組みながら、多言語で、身振り、手振りで通訳する登録ボランティアの姿が印象的だった。

 

写真② 写真①